FC2ブログ

Pandas on Tour

中台間のサービス分野の市場開放を目指す「サービス貿易協定」の審議を与党国民党が強引に進めたことから、
それに反発する学生たちが審議のやり直しなどを求め、台湾の国会を占拠する異常事態となっています。

その一方で、国会近くの人気観光スポット、中正紀念堂では野生動物保護への関心向上を目的とした
世界巡回展「パンダ・オン・ツアー」の一環、紙で作られた1600頭のパンダの一斉公開が始まっています。

しかし、その中にはなぜか台湾で絶滅が危惧されているタイワンツキノワグマも混ざっていて、
それはあたかも巨大な中国に呑み込まれることに異を唱えているかのようでもあります。

今国会に立てこもり、台湾に不利益となる恐れがある協定審議のやり直しを求めている学生たちは、
あるいは、パンダに混ざってアイデンティティーを主張しているツキノワグマなのかもしれません。

Pandas on Tour
D7100、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5、F8、SS2.5、-0.3EV、24mm、ISO100

撮影場所:中正記念堂
スポンサーサイト



コメント

学生

今日は。

台湾の学生は元気があって、真剣に国を守ろうとしているのですね。

日本もかっては東大安田講堂を占拠するなど、国民全体が支持したわけではありませんが、
国の将来を考える思考と行動力がありましたが、今は不況で職を得られなかった時期が長く、すっかり大人しくなり、元気がありません。

パンダ1600頭にタイワンツキノワグマ。
お祭り騒ぎだけではないのですね。

一見した時、写真としてオモシロイ。
今は時事問題も含まれると考えています。

ijinさん

こんばんは。

こちらの学生も日本同様ノンポリが多いのですが、
ここぞと言う時は、なぜか団結して立ち上がります。
しかし、熱しやすく冷めやすい国民性なので、
長期戦になったら、どうしても勝ち目がありません。

私は日本で学生運動が盛んだった時代を知らないのですが、
その頃書かれた本を読んだことがあり、多少知識はあります。
身を挺して闘う気概が、以前の若者にはあったようですね。

平和の象徴みたいな紙パンダを眺めながら、
自分なりに感じたことを今回書いてみました。
ツキノワグマを置いた真偽のほどは定かではありませんが、
野生動物の保護を訴えているだけとはどうしても思えませんでした。

早速のコメント、ありがとうございます。

ネボトケさん

写真を見た瞬間は
微笑ましいを通り越して笑ってしまいましたが
記事を読ませていただくと
パッと見の写真の印象とは違い
笑って見ていられるような状況ではないようですね

自分たちの国 
自分たちの将来に対して真剣に考えていることがうかがえます

全ての人に当てはまるとは思いませんが
それでもこの日本に真剣に国のこと将来のことを考えている若者が
どれくらいいることだろう・・・・
などと考えてしまいました
かといって僕自身もその考えていないほうの部類でもあるので
あらためて考えさせられました

toshiさん

実は、当初軽い気持ちで今回の写真を撮影しました。
同僚からスマホで撮ったパンダの写真を見せてもらって、
何だか面白そうだな、仕事の後で撮ってみるか、とこんな感じでした。
ただ、色温度を調整するぐらいしか工夫の余地がないつまらない撮影で、
それならばと、最後は一眼を片付けてコンデジで撮影していたほどです。

その直後、学生が国会を占拠する事件が起きました。
そして、写真を撮りながら感じたことと、今回の事件を関連させ、
自分なりのメッセージを込めて文章を書きました。
ですから、写真は二の次と言ってもいいです。

今夜、その学生たちが暴走し、流血の事態となってしまいました。
このまま事態がいっそうエスカレートするようだと、社会の混乱を招き、
学生運動がその元凶とされ、せっかくの苦労も水の泡となりかねません。

日本が戦後民主化の過程で通った道を、日本より遅れて民主化した台湾が、
今手探りで歩んでいるところですから、
成熟した民主国家になれるかどうか、今が正念場なのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR