FC2ブログ

自己主張

低空を流れる厚い雲とその上空に広がる薄い雲、そして、その彼方でひと塊になって浮かぶ小さな雲が
日が沈むとともに、それぞれの色に染まり、その存在を誇示するかのように自己主張を始めます。
大空というキャンパスが夕焼け色に彩られる光景ほど、人を純粋な気持ちにさせるものはありませんね。

ところで、最近、仕事が忙しい上、雨の日が続いていて、まったく撮影に行けていません。
そんなわけで、今回は蔵に眠っていた写真を引っ張り出してきました。
このまま雨が降り続くようだと、私自身の体にカビが生えてきそうです。

自己主張する夕暮れ
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F16、SS2、±0EV、28mm、ISO100

撮影場所:大屯山
スポンサーサイト



コメント

No title

すごい写真ですね
 

北海道のくま さん

こんばんは。

雲の形こそあまりよくありませんでしたが、
見晴らしのいい山頂ならではの風景でした。
チャンスがあったら、また撮影に行きたいと思っています。

コメント、ありがとうございます♪

No title

ネボトケさんやぶ遅くお邪魔してまーすッ!


かなり高い場所からの撮影となるものですね。

視界をさえぎるものが一切無い・・・綺麗。

わたし、たまに山と空を撮影するものですが、せっかく好きなアングルから撮影しようと思っても、電線の高架線の鉄塔や電線が邪魔をして、どうしても撮影を断念してしまうことが多々あるものです。

神社などの場所にもせっかくの景色が電線で台無しにされてしまうものです。

市街地撮影であれば電線もなんとなく風景に溶け込むので問題はないものですが、まあわたしもお世話になっている電線や鉄塔、仕方ないものですねv-283

志村ゲン さん

志村ゲンさん、おはようございます。
今回の撮影現場は、標高千メートルのところにあります。
独立峰なので、同じ場所から日の出と夕日の両方が撮影できます。
視界をさえぎるものが一切ないのはそのためです。
ただ、地形的に雲や霧が発生しやすく、カメラマン泣かせの場所でもあります。

日本は特に電線や鉄塔が多いですからね~
こちらも場所によってはありますが、日本ほどではありません。
おっしゃる通り、生活感のある場所なら風景の一部として入っていても、
別に違和感はないし、かまわないと思いますが、神社だと、邪魔な存在になりますね。
そんな時、私はそれらが入らないようなアングルを探して撮影しています。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR