FC2ブログ

ベニサンショウクイ

猿を撮影後、渓流沿いをさらに上流に遡ったところで、
今度はベニサンショウクイの群れに遭遇しました。
その間、ほんの数分の出来事ではありましたが、
木々の間を飛び交う様は実に優雅で、心癒されました。

ベニサンショウクイ(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/200、+0.7EV、300mm、ISO1000

ベニサンショウクイ(3)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/500、+1.0EV、300mm、ISO1600

ベニサンショウクイ(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+1.0EV、300mm、ISO1000

撮影場所:烏來內洞
スポンサーサイト



コメント

ベニサンショウクイ

色鮮やかで、南方系の小鳥と思わせます。


しかし、それは翅の色に目が行っているからですね。

首から上は目を含め、本州に居ることりとかわりません。

静かな乱舞見たいものです。

No title

こんばんは。

お腹と羽に見える鮮やかな黄色がすごい綺麗な鳥ですね!
今の時期、黄色い葉の枝にジっと留まっていると
探すのが難しそうです。
羽の黄色模様も広げて優雅に飛び交う姿を目の当たりにすると、
本当に見とれてしまうでしょうね。

ijin さん

仰るとおり、この鳥は東南アジアから南アジア一帯の山に住んでいます。
ですから、都心の平地にいたら、見ることのできない鳥です。
今回撮影したのはメスだけですが、オスは鮮やかなオレンジ色です。
いつも思うことなのですが、鳥の撮影には運も必要です。
この日はあちこち移動しながら、広範囲に渡って探ましたが、
お目当ての鳥には出逢えませんでした。

コメント、ありがとうございます。

季節がわり さん

この鳥はオスがオレンジ、メスがイエローです。
今回はメスしか撮れませんでしたが、
次回チャンスがあったら、ぜひオスを撮影してみたいと思っています。
ただ、棲息地がかなり山奥にあるので、アクセスが大変です。
今回は中継地点に宿を取り、翌朝早起きして現地入りしました。
早起きは三文の徳。珍しい鳥を見れて、ラッキーでした。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR