FC2ブログ

お山の大将

山道を歩いていると、木立の中で何か動いているのが見えました。
目を凝らして見ると、なんと野生のサルではありませんか。
この日、珍しい野鳥を撮るつもりだったのに、最初の一枚がサルとは、、、
でも、これまで遭遇したことのない被写体だったので、ちょっと興奮しました。

お山の大将
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/80、+0.7EV、300mm、ISO1600

撮影場所:烏來內洞
スポンサーサイト



コメント

No title

ネボトケさんこんばんはー!

おさるさん、なにやらネボトケさんの撮影のために生まれてきたような、振り向き加減がGOODな一枚であるものです。

背景のもみじも部分的に色づいていてくどくないですし、おさるさんの哀愁漂う表情がたまりませんね。

わたしは鹿とタヌキを宮崎に来たころに山で撮影したことがあるのですが、こちらのおさるさんはすぐに逃げてしまって撮影できたことがないものです。

鹿は目が合うとしばらくこちらの様子を警戒しながら伺うようにじっとしていることが多いので撮影できたものですが、キツネとおさるさんは難しい・・・。

それにしてもそちらの野生動物はみんな逃げたりしないものですねv-283

No title

ネボトケさん、こんばんは♪
お猿さんは初登場ですね。
この表情のいいこと! 
まるで美しい紅葉を眺めているかのようです。
フカフカとした毛並みも暖かそうで、ポーズも決まっています。
鳥にトンボ、お猿さん、夜景に風景、ネボトケさんの撮影はどんどん広がっていて拝見するのが楽しみです。
わたしは山でお猿さんにあったことがありましたが、慌ててしまって撮ることができませんでした。(^^;)

志村ゲン さん

志村ゲンさん、おはようございます。
このお猿さん、目の前の樹上で悠々とお食事中でした。
写真は紅葉の木を通り過ぎる瞬間を狙って撮ったものです。
薄暗い木立の中、撮影条件はけっこう厳しかったですが、
鳥に比べたら、大きいし動きも遅いので、撮影しやすかったです。
以前から一度くらい野生のサルを見てみたいと思っていたので、
今回その願望がかない、うれしかったです。

鹿は以前故郷の山を登っている時、遭遇したことがあります。
おっしゃる通り、適度な距離を保っていれば、逃げ出したりしませんでした。

森林浴を兼ねて山歩きをするのは、実に楽しいものですね。
また、今回は初物の鳥の写真もゲットすることができ、ラッキーでした。

ひかるさん

ひかるさん、おはようございます。

例のよく夕日を撮影に行く山にもお猿さんはいるのですが、
これまで一度も遭遇したことがありませんでした。
今回は違う山へ鳥を撮影に行って、偶然遭遇しました。
たかが猿とはいえ、初物というのはやはりうれしいものですね♪
もう少し紅葉が色づいていたら、とも思いましたが、
こちらはこの時期山へ行っても、この程度の紅葉しかありません。
そんなわけで、今年紅葉の写真はほとんどあきらめています。

人の手が入っていない自然豊かな山歩きは楽しいものですね。
今回はマイナスイオンもたっぷり吸って、元気になりました。

ネボトケさん

ご無沙汰しております

野生のサルですか
僕も富士山方面に撮影に出掛けたときに遭遇しましたが
ガサガサっと枝と葉は揺れる音にまず驚きました
そしてそこにサルがいたので更に驚きました・・汗

この無表情さがかえって可愛く見えたりしますね
色付き始めた紅葉を楽しんでいるのでしょうかね!?

おサルさんがいたらその周辺には
探している野鳥はいなくなってしまうかもしれませんね!!

まぁでも野生のサルに出会えたことも大きな収穫ですから
良かったですね!!

toshi さん

お久しぶりです。

私はこれまで猿とは無縁で、この年になるまで一度も見たことがありませんでした。
そんなわけで、今回猿を目の当たりにして、年甲斐もなく興奮してしまいました。
こちらの人の話では、この猿はけっこう気性が荒く、人を襲うこともあるとのことですが、
そんな気配は一向になく、頭上の木を悠々と渡り、森の中へと消えていきました。

実は、食事シーンも含め、今回何枚も撮影したのですが、最終的にこの一枚に絞りました。
木々の間が一部白く飛んでしまったのが残念ではありますが、
色づいた葉っぱが季節を感じさせ、ちょっとお気に入りのショットです。

コメント、ありがとうございました。

Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR