FC2ブログ

トンボの滝登り

高さ4メートル、幅5メートルほどの小さなこの滝で、
流れに沿って下から上にトンボの飛翔するシーンが毎年見られます。

昨年は滝の側面からそのシーンを写真に収めたので、
今年は滝の真上から飛んでくるのを待ち構え、シャッターを切りました。

一歩間違えたら、滝つぼにまっさかさまという危険な撮影だったので、
何とか無事に撮影が終了し、ほっと胸をなでおろしているところです。

トンボの滝登り(1)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、F8、SS1/1600、+0.3EV、190mm、ISO500

トンボの滝登り(2)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、F8、SS1/1000、±0EV、185mm、ISO500

トンボの滝登り(3)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、F8、SS1/1000、±0EV、185mm、ISO500

撮影場所:大屯瀑布
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。

トンボが滝を登ってくるお写真、たまげました!
きれいなマルボケは水飛沫でしょうか。
「一瞬の美」を切り取ることを目標にされている
ネボトケさんの信念が、充分すぎるぐらいに
伝わってきました。

本当に無事にこのお写真をアップして
いただけて良かったです(^_^;)

季節がわり さん

こんばんは。 

おっしゃるとおり、マルボケは滝の水飛沫です。
高さこそないものの、垂直に滝が流れ落ちているので、
滝つぼには虹さえ出ていました。

昨年とはひと味違った写真を撮りたかったのと、
AFが使えない状況のため、接近する必要があり、
今回はちょっと危ない橋を渡ってしまいました。

写真の醍醐味はやはり「一瞬の美」を切り取ること。 
まだまだ試行錯誤の毎日ですが、
目標を常に念頭に置いて、頑張りたいと思っています。
早速のコメント、ありがとうございました。

ネボトケさん

昨年は側面から 今回は真上から
そうやってテーマを決めて撮影に行かれて
そしてこうしてものにしてしまうのですから
やはりネボトケさんは凄いですよ!!

飛び散る飛沫に流れ落ちる滝
その滝を元気に登るトンボ
躍動感もあり
とても素晴らしい「一瞬」を切り取られましたね

今までのトンボ写真とはまた違った感動がありますよ!!

・・・・しかしホントかなり難易度が高そうですね!?

toshiさん

今回は新規購入した70-200、F4の性能チェックを兼ねています。
画質を優先したかったので、フルサイズのカメラに装着し、
連写をOFFにして、マニュアルフォーカスで1枚1枚追い込みました。
このような状況ではAFはまったく機能しませんから、、、
ピント合わせはそれほど難しくなかったのですが、
足場が不安定なので、その分集中力がかなり必要でした。

ところで、レンズが変わると、吐き出す絵もずいぶん違いますよね~
前回は安価な便利ズームで撮影したので、記録写真となってしまいましたが、
今回は自分なりに納得できる写真が撮れました。

コメント、ありがとうございます。とても励みになりました♪
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR