FC2ブログ

残り火

夏のこの時期、僅かに残った夕焼け色の空を眺めるのが好きです。
なぜなら、追い立てられるような慌しさがそこにはないからです。
暗闇迫る海辺で泳ぐ人影を追いながら、この日、私は贅沢なひと時を過ごしました。

残り火
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F8、SS3、±0EV、28mm、ISO100

撮影場所:富基漁港
スポンサーサイト



コメント

静かなひと時

ネボトケさん♪
こんばんは^^

いい眺めの
心静かになれるひと時ですね^^
幸せ~~って感じです♪

海は、もう泳ぐことができるんですね!!
昼間の海とは違った顔の海
いいですね(*^^)v

ももいちごさん

おはようございます。

漁港に隣接した小さな海水浴場ですが、
昼間は海水浴を楽しむ人でけっこう賑わっています。
日が暮れるとともに、その賑わいも静けさへと変わり、
その移ろいを眺めるひと時は、本当に心穏やかになります。
また、撮影後隣接する漁港で新鮮な海鮮を堪能できるのもいい点ですね(笑)。

ただ、自宅からのアクセスが不便なので、
時間的に余裕がないと、行こうという気になりませんが、、、
でも、癒しを求めて、やはり行ってしまうんですよね~

前回は太陽が沈むシーンを撮影したので、
今回は後没後の穏やかな海面にスポットを当ててみました。
ちなみに、海面に小さく見えるゴミのようなものは、海水浴客です。

早速のコメント、ありがとうございました。

現象と心象

夜明けと、夕暮れは、其処にたたずむ人により、
変化率に差があるように思います。

夜明けは万物が活動を始める時。

多くは幸運の夜明けを喜ぶでしょう。

前にも書きましたか。このことを・・。

夕焼けの空を「私は贅沢なひと時を過ごしました。」と言える人はマコト、幸せなんのです。

私も、幸せ人種のようです。
美しい夕焼け空だと思います。

ijinさん

こんばんは。

確かにおっしゃる通りだと思います。
人によって、感性が違うので、同じ景色を見ても、感想は違うと思っています。
ですから、同じ感性の人と同じ風景を見られたら、喜びも倍増するし、
最高の幸せだというのが私の考え方です。

夜明けの瞬間を待つひと時が最も幸せであることは、疑いない事実だと思います。
私も今年何度か早起きして、日の出の撮影を試みましたが、
期待に胸膨らむ喜びを感じました。
この気持ちは、夕暮れを待つひと時とは全く異なるもので、
夕暮れのほうは、余韻に浸る喜びと言いましょうか、
夏の夜長を楽しむと言いましょうか、
違う次元のものだといつも思っています。

同じ風景を見たわけではありませんが、
jinさんとこうして分かち合うことができるのも、私にとっては喜びとなっています。
コメント、ありがとうございました。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR