FC2ブログ

大輪の花

泥水が濃ければ濃いほど、蓮は大輪の花を咲かせます。
蓮の花を眺めていると、なぜか勇気がわいてくるのは、
お釈迦様の教えがわかる年になったからかもしれません。
私も頑張ってもう一花咲かせよう。

大輪の花(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+0.7EV、300mm、ISO100

大輪の花(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+0.3EV、300mm、ISO100

撮影場所:植物園
スポンサーサイト



コメント

見事ですね

もう咲いてるのですか!
タイではタンブンセット(お布施)の時にハスの花も一緒にです
ハス大好きで毎年咲くのを楽しみにしていました

元気さん

おはようございます。

タイは仏教が盛んな国ですから、蓮がたくさんあることでしょうね~
私も一度は訪れたいと思っているのですが、、、

こちらはこの時期蓮が見ごろを迎えます。
満開になるのは恐らく6月に入ってからかと。
そちらはもう少し早いのではないでしょうか?

私も蓮が大好きで、毎年開花を楽しみにしています。
ただ、きれいな花の写真を撮ろうと思ったら、
やはり早朝のほうがいいので、
休みの日朝寝できないのが悩みの種です。

早速のコメント、ありがとうございます。

淡麗か華麗か

この花は華麗とは言いたくないのです。
ただ、美しいでは心内が伝わらない。

淡麗駄目ですね。

お写真はマコト綺麗です。

花の後・・・・秋から冬。

「破れはす」と言って俳句の季語にも使われています。
この美しさからの凋落・・。

ネボトケさん 覚えていて撮って下さい。

No title

なんて素晴らしい…!
ネボトケさんの撮られた蓮の花は、心洗われるような美しさです。
穢れという言葉さえぬような…。澄み切った美しさですね。
花と対峙しているときのお気持ちが表れているように感じます。
出来ることならわたしもこのように撮りたいと思い、つくづくと魅入りました。

ijinさん

こんばんは。

Ijinさんは俳句に心得がおありなのですか。
それなら、蓮の美しさをどう形容したらいいか、悩むのはもっともですね。
私も考えてみましたが、思いつきませんでした。

ここは数種類の蓮が植えられていて、毎年訪れる人の目を楽しませてくれます。
でも、私は数ある蓮の中で淡いピンクのこの蓮が一番好きです。
蓮の上品でどこか気高い感じはやはりこの色でなければ伝わりません。

「破れ蓮」のこと、お教えくださりありがとうございます。
花の季節が過ぎたら、機を見て撮影に行きたいと思います。

コメント、ありがとうございました。

ひかるさん

こんばんは。

ひかるさん、ほめすぎですよ~穴があったら入りたいくらいです。

機材も腕も昨年と同じなのですが、
今年は絞り開放(F4)を積極的に使っています。
背景をできるだけ整理したいというのもありますが、
撮る角度によっては、開放で十分だということに気が付いたからです。
でも斜め上から撮影するなら、やはり絞ったほうがいいみたいですね~

ひかるさんならもっときれいに撮れると思いますよ!
私はまだ機材と被写体に助けてもらっているレベルです。
いろいろ研究はしているのですが、、、

コメント、ありがとうございました。

ネボトケさん

ご無沙汰しております

おや もう蓮が咲いているんですか!?
緑の背景にクッキリと写し出された
透通るようなピンクの花びら
あまりにも美しすぎる蓮の花に心が洗われるようですよ!!
リラックス? リフレッシュ?
もうなんともいえないとてもいい気分になれました
素晴らしいものを見させていただきましたよ!!!

忙しいからとサボっていないで(←サボりかよっ!!)
やはりこうしていい刺激を受けにこないと
いけないということですね

No title

toshiさん、相変わらずお忙しいようですね。
恐らく毎晩帰宅が遅くて、ブログどころではないのでしょう!
私は幸いそこまで忙しくないので、週2のペースで更新を続けています。
もっとも、遠征できるほどの時間がないので、近場での撮影に終始していますが、、、

私はまだまだtoshiさんほど印象的な写真を撮れずにいますが、
少しずつ腕を磨いて、見る人の心に残る写真が撮れたら、と思っています。

ところで、撮影当日は、幸い風もなく、日差しも強からず弱からずで
絶好の蓮撮影日和でした。
撮影日を選べない私にとって、このことはいちばん肝心なこと。
写真の出来はともかく、撮影自体は楽しかったです。

>やはりこうしていい刺激を受けにこないと
>いけないということですね

私の写真が刺激になって、toshiの新作が見られるなら、それに勝る喜びはありません。
でも、無理は禁物。マイペースでけっこうですから、更新を続けてくださいね♪
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR