fc2ブログ

視線の彼方

この茶色の鳥、いつも小さな池でひとり小魚を探しています。
見栄えはよくないですが、他の鳥と違って、行けば必ずそこにいるので、
魚を捕らえた瞬間を撮影しようと、愛好家が常に池の周囲に待機しています。

普段は池の中でじっと水面を見つめていることが多いのですが、
この日は珍しく岸辺近くに立って、木立を見上げていました。
何を見ているのだろう。気になってその視線の先にあるものを追うと、
何とそこには幸せの青い鳥がいるではありませんか!

恋の季節なのに、孤独を強いられているこの茶色の鳥が、
まるで何かを祈っているかのようでもあり、いじらしく思えてしまいました。

視線の彼方(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED+KenkoPRO300、F6.3、SS1/400、+0.7EV、420mm、ISO800

視線の彼方(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED+KenkoPRO300、F6.3、SS1/250、+0.7EV、420mm、ISO800

視線の彼方
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED+KenkoPRO300、F6.3、SS1/250、+0.7EV、420mm、ISO800

撮影場所:植物園
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。

ネトボケさん、こんにちは。

目の覚めるような美しい色合いの青い鳥さんですね♪
茶色の鳥さん同様、モニターをジッと魅入ってしまいました。(^^ゞ
テレコン使用でも実にシャープに撮影されていますねぇ。
お見事です!

ますたしゅさん

こんばんは。

勝手に幸せの青い鳥なんて名づけてしまいましたが、
ひときわ色鮮やかだったので、そう呼ばずにいられませんでした。

サンヨン(300mmF4)はテレコンとの相性がよく、画質の劣化もあまりないので、
鳥の撮影の際はいつも装着しています。
毎回機材に助けてもらっていますが、
鳥の撮影は一期一会。
シャッターチャンスを逃したら、二度と同じ場面に出会えないので、
そう言う意味では、今回は青い鳥の存在に気づかせてくれた
この茶色の鳥に助けられたと言えるかもしれません。

うれしいコメント、ありがとうございます。
とても励みになりました!

鳥の心に思いを馳せる

青い鳥はあどけない可愛いつぶらな眼。

それと比べれば、茶色の鳥の眼差しは
確かに何かを願う真剣さを感じます。

色彩が淡く、物語性にぴったりです。

鳥の心に思いをはせるネボトケさん。
優しのですね。

ijinさん

こんばんは。

よく鳥の写真を撮っていると、何となく気持ちがわかるようになります。
鳴き声と目を手がかりにしているのですが、
何かを訴えている、そんな時がよくあります。
あるいは私の勝手な思い込みかもしれませんが、、、

一昨年、コサギが釣り人のそばにじっと佇んでいる写真を撮りました。
釣り人が魚を釣り上げると、魚を分けてあげるので、
その分け前にあずかろうと、そばに立っているだけなのですが、
他の人が近づくと、川の対岸に飛び去ってしまいます。
そして、暫くするとまた釣り人のそばに戻ってきます。
食べ物が目当てとは言え、コサギと人との信頼関係を見たようで、
心温まるものがありました。

それ以来、鳥との接し方はずいぶん変わりました。
謙虚な気持ちで接すれば、鳥もそれに応えてくれる、
今ではそう思えるようになりました。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR