fc2ブログ

胸騒ぎの夜

胸騒ぎの夜(1)
D7000、TOKINA 12-24mm、F9、SS10、±0EV、24mm、ISO100

胸騒ぎの夜(2)
D7000、TOKINA 12-24mm、F5.6、SS10、±0EV、24mm、ISO100

胸騒ぎの夜(3)
D7000、TOKINA 12-24mm、F8、SS20、±0EV、24mm、ISO100

胸騒ぎの夜(4)
D7000、TOKINA 12-24mm、F5.6、SS8、±0EV、24mm、ISO100

撮影場所:大屯山
スポンサーサイト



コメント

No title

夕暮れから夜景の素晴らしい美しさですね。
あまりにきれいで少し不安…、胸騒ぎの気持ちが解るような気がします。
一番目の青い世界も美しいですし、三枚目の焼けた空と下から沸き上がって来る雲が素晴らしくて、
本当に何か胸騒ぎがするような思いですね。
とても美しいです。
こういう風景わたしにははナカナカ見られません。

キレイですねえ

こんなのを写真撮っていたらドキドキしてきますね、

最後の写真を僕が撮ったらたぶん、
「ぬへへへ!」とにんまりすること間違いないですね(笑)

ひつじ草さん

こんばんは。

この日の夕方、海で発生した霧が強風に乗って山に吹きつけ、
それと共に気温が急激に低下。
視界が全く利かない中、震えながら、霧が晴れるのを待ちました。
そして、出現したのがご覧の光景というわけです。

これまでに諦めて帰る途中に空が赤く染まり、
夕焼けを撮り損ねるという経験を何度もしたので、
過去の苦い経験を教訓に、今回最悪の天気にもかかわらず、
意地でも帰らなかったのが功を奏したようです。

不安と期待が入り混じる複雑な気持ちで待っている時、
不安な気持ちが頭をもたげ、胸騒ぎを覚えるものです。
そんな気持ちを込めて、この写真を撮りました。

コメント、ありがとうございます。

犬山にゃん太郎さん

こんばんは。

そうですね。
刻々と変化する光景を一瞬たりとも逃すまいと、
ドキドキしながら撮影しました。

というのも、撮影現場は吹き付ける冷たい霧にすっぽり覆われ、
日没後ようやくその霧が晴れるという悪条件でしたので、、、
どんどん暗闇が迫る中、まさに時間との戦いでした。

にんまりできたのは、家へ帰って現像してからです。
現場で確認しながら撮影したとは言え、
本当に意図したとおりに撮れているかどうかは
やはり現像してみないとわかりませんから。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR