キャッチ&リリース

キャッチ&リリース(1)

キャッチ&リリース(2)

キャッチ&リリース(3)

キャッチ&リリース(4)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED+KenkoPRO300、F8、SS1/1600、-0.7EV、420mm、ISO400

撮影場所:雙溪
スポンサーサイト

コメント

No title

ナイスタイトル!
ナイスフォト!
ちょっと魚が大きすぎましたね。
ウケました(^^)v

No title

スゴイです!
まさに決定的瞬間ですね。
折角捉えたのに放すとは、魚が大きすぎて重かったのか…。
それとも~、まさか人間が釣った魚をリリースするあのことではないでしょうねえ。
大きな魚に睨まれたとか、嫌いな魚だったとか~。
いろいろ想像してしまいました。(^^;)

ナイスショット

羽色がピンクがかっていますね。
頭は黒い。ゴイサギでしょうか。

ナイスショット!

それ程大きな魚とは思えませんが・・
嘴を大きく開いています。
何ゆえか?レリースが当って居ますね。

タッケさん

こんばんは。

珍しく遊び心をくすぐるタイトルにしてみました。
逃げられたのではなく、逃がしたんだと。

強がっているゴイサギの気持ちを代弁するには、
このタイトルしか思い浮かびませんでした。

我ながらいいタイトルだなぁ、と一人悦に入っています。

コメント、ありがとうございました。

ひつじ草さん

こんばんは。

タイトルはおっしゃる通り釣り人が釣った魚をリリースすると言う意味です。
ただ、それは悔し紛れにそう言っているだけで、
実は、獲物を逃して地団太踏んでいるというのが本音です。

今回は鳥の気持ちを代弁する形でタイトルを付けました。
人間同様見栄っ張りで、強がっている鳥がいてもいいかなぁと。

コメント、ありがとうございます。

ijin さん

こんばんは。

おっしゃる通りこの鳥はゴイサギです。
さすが ijinさん、よくご存知ですね~

この鳥、普段はじっとしていることが多いのですが、
この日は珍しく低空飛行しながら獲物を探していました。

シラサギやアマサギが飛びながら魚を捕獲するシーンは
これまでに何度も目撃しましたが、
ゴイサギもやれば出来るんですね~見直しました。

コメント、ありがとうございました。

No title

すばらしい写真で、本当に感心させます。

賴さん

こんばんは。

この鳥はゴイサギというのですが、
水辺ならどこにでもいるごくありふれた鳥です。

ただ、このような空中からの狩猟シーンは、
めったに見ることができないと思うので、
そういう意味で貴重かもしれませんね~

コメント、ありがとうございました。
Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★☆★☆外出があまりできない人にオススメです☆★☆★

【この記事で紹介中】キャッチ&リリース
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR