fc2ブログ

清流の宝石(後)

清流の宝石(3)
D7000、TAMRON SP70-300mm(A005)、F7.1、SS1/125、+1.3EV、300mm、ISO800

清流の宝石(5)
D7000、TAMRON SP70-300mm(A005)、F5.6、SS1/25、+0.7EV、300mm、ISO1600

清流の宝石(6)
D7000、TAMRON SP70-300mm(A005)、F5.6、SS1/100、+1.3EV、300mm、ISO1600

清流の宝石(4)
D7000、TAMRON SP70-300mm(A005)、F5.6、SS1/400、±0EV、300mm、ISO1600

撮影場所:大屯瀑布
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

昆虫の苦手な私は、いつも逃げ回っていましたが、
トンボさん、とっても綺麗ですね。

カワセミが鳥界の宝石なら、こちらが昆虫界の宝石?

写真だから飛んで来ないので、安心して眺められる!

Magdalena さん

おはようございます。

昆虫が苦手な女性はけっこう多いと思います。
特に、蜂とかアブとか攻撃性のある昆虫は。
私もそのような昆虫はちょっと苦手です~
トンボはそう言う意味で安心して近づけます。

トンボの写真に清流の宝石なんてタイトルをつけてしまい、
カワセミファンから叱られるかもしれませんね。
でも、清流でひときわ光り輝くこのトンボを形容する
他の適当な言葉が見つかりません。
それぐらい美しいと思っています。

コメント、ありがとうございました。

No title

この輝く色がとても魅力です。
前回はその美しさを、そして今回はその動態を見せて頂きました。
わたしも夏になるとトンボを撮ります。
中でもこのトンボは美しくて暑い小川の側で一時間以上も追いかけていることがあります。
わたしは詳しく知らないので羽黒トンボと勝手に言っていますが、
本当の名前はなんて言うのでしょうね。?

ひつじ草さん

こんばんは。

ひつじ草さんもトンボの写真を撮るんですか?
なんだかうれしくなってきました。
少年時代、トンボを追い掛け回すのはたいてい男の子ですから、
トンボの撮影はその延長線上にあると思っていたもので、、、
ひつじ草さんのトンボの写真が見られると思うと、
夏の到来が今から楽しみです~

ところで、このトンボの名前ですが、
正確には「リュウキュウハグロトンボ」と言います。
日本では沖縄、奄美一帯に生息していることから、
この呼び名が付いたのだと思うのですが、
こちらでは清流であれば、どこでも見かけるごく普通のトンボです。

コメント、ありがとうございました。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR