FC2ブログ

朝焼け

夜明け前、女性1人を含む5人のメンバーを引き連れ、撮影ポイントを目指したのですが、
メンバーの多くは軽度の高山病にかかってしまい、ふらふらしながら、辿り着く有様でした。
しかし、夜が明けるとともに、目の前に展開する絶景を眺めているうち、すっかり元気を取り戻し、
吐きそうになりながら登っていたメンバーさえ、この時ばかりは興奮してはしゃぎ回っていました。
朝焼け

朝焼け(1)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト



コメント

No title

高山病になりながらの
素晴らしい朝ですね^^

それだけ高い山であると。。言う事
素晴らしい光景には体力必須

山登りって簡単に言うけど。。そう体力

日々の体力も怪しいデコ
この光景をみてるだけでfight^^になれます

デコさん

今回の山域は三千メートル以上あるのですが、
車で乗り付けられる上、宿泊施設もあり、便利な所です。
しかし、短時間で一気に高度を稼げるため、
その分高山病のリスクも高くなります。

この日はその高山ホテルからほど近い山を登りました。
山頂まで30分で登れる楽なコースではあるのですが、
高山病の人にとっては、その30分が大変なようですね。

ちなみに、私は何度もこの山域を旅していて、
いわば自分の家の庭のような所なので、
当日は山岳ガイド気分で一行を案内しました。

No title

こんにちは。
この日は少し冷えたのかな?
太陽が沈んだ所から光柱が見えますね。
とても珍しい現象で、1年間の中で何回も見られるものではないですね。

さゆうさん

そうなんですか。そんな珍しい現象だとは知りませんでした。
さゆうさんは勘違いなさっていますが、これは朝焼けの写真です。
日没後は珍しいのかのしれませんが、日の出の際はどうなんでしょう?

今回は初めて道先案内人となり、撮影現場へと向かいました。
ですから、この景色を自分が見られた喜びより、
同行したメンバーに見てもらえた喜びのほうが大きかったです。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR