FC2ブログ

代償を払う

辺り一面が暗闇に包まれる頃、東の空から月がゆっくりと昇ってきました。
おまけに、夜空は雲が多く、星景写真はあきらめざるを得ませんでしたが、
翌朝早起きしてご来光を拝む予定だったので、気を取り直して早めに就寝。
ところが、その夜高山病による激しい頭痛に襲われ、一睡もできませんでした。
標高3150メートルのホテルに泊まれば、当然高山病のリスクはあります。
それを覚悟の上で予約したとは言え、さすがに一睡もできないと辛いです。
持参した袋菓子が風船を膨らませたかのようにパンパンになるわけです。
この夜の私の頭はまさにその袋菓子そのもの。爆発寸前の状態だったようです。
幸い明け方ベランダで風景を眺めているうち、頭痛は次第に解消しましたが、、、
美しい風景には「癒し」の効果があるだけでなく、病を治す効果もあるのですね。

代償を払う(1)
OM-D E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
代償を払う(3)
D750 、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
代償を払う(4)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト



コメント

No title

標高が高いと
こんなパンパンに( ;∀;)

これはお辛そうです

。。がそのお蔭で素晴らしい朝焼け

これを見たら
快方にむかうでしょう(#^.^#)

素晴らしい朝焼けに出会えて
ブラボーでしたね^^

デコさん

今回の場所は車道が通っていて、麓から車で一気に3千メートル地点まで辿り着けます。
2千5百メートルを超えると、一般的に高山病のリスクが高くなると言われているので、
出発前に覚悟はしていたのですが、一方で、高山病にならないことを願っていました。
実は、これまで何度か訪れているのですが、大丈夫だったこともあるんですよ〜

>素晴らしい朝焼けに出会えて
>ブラボーでしたね^

いえいえ、今回は雲が少なくて、ちょっと期待外れな朝焼けでした。
今秋もう一度訪れる予定なので、リベンジしたいと思っているところです。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR