タカサゴマシコ

タカサゴマシコは地上の草や背丈の低い草木の種子などを食べていることが多いです。
1年前この地を訪れた際も、足元でムシャムシャ食べている姿を何度も目撃しました。
したがって、タカサゴマシコの写真といえば、そんなシーンが大部分を占めています。
今回のように桜の花をちぎって蜜を吸うのは、この季節ならではの貴重なシーンです。
ちなみに、オスの体は鮮やかなワインレッドで、地味な色をした蜜泥棒がメスです。

タカサゴマシコ(1)

タカサゴマシコ(2)

タカサゴマシコ(3)

タカサゴマシコ(4)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:阿里山
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
タカサゴマシコ、始めて見ました。
どんな習性を持った鳥なんでしょうね。
ネットで調べて見ます。

さゆうさん

さゆうさん、こんにちは。
この鳥は標高2、3千メートルの高地に棲息しています。
けっこう雑食性の鳥で、人の食べ残しなどもあさります。
食事中であれば、近づいてもあまり逃げません。
大砲レンズの野鳥マニアからは見向きもされていませんが、
私は密かに「赤ちゃん」と名付け、山へ行くたび、探し回ります。
私がちゃん付けして呼ぶのはメジロとこの子だけです(笑)

No title

マシコも種類がたっくさんですねっ

えっこの子見向きもされないのっ??
何だったら見向きするんだろっ

撮れるだけ
楽しませてくれるだけで嬉しいのにっ

可愛いけどなぁ
この色特殊ですよね

最後のパクリンチョかわいいな^^

デコ さん

釣り人にとって、狙っている魚以外は外道で、価値がないように、
大砲レンズのマニアにとって、この子は雑魚みたいなものなのでしょう。

>何だったら見向きするんだろっ

もちろん他のマニアに自慢できるような比較的珍しい野鳥です。
大枚叩いて買った機材の名に恥じないような鳥でなければ、
彼らの欲求を満足させられないのだと思いますよ。(憶測ですが…)

そういう意味で、熱烈な野鳥マニアは釣り人に共通する部分があります。
釣り人もけっこう道具にお金を掛けますからね〜
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR