FC2ブログ

花より雲

5月から6月にかけて高山のツツジがまるで競い合うかのように咲き乱れます。
今年はそのツツジの撮影を主な目的の一つに山を訪れたのですが、
花より雲とばかり、上空を気持ちよさそうに漂う雲に自然と目が行ってしまい、
当初の目的を十分に果たせないまま山を離れたのでした。

花より雲(1)

花より雲(2)

花より雲(3)

花より雲(4)
D750、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
いつもありがとうございます
合歡山は前に天の川銀河を検索して知ってましたが
最後の1枚は行きたくなりますね
ここ台湾も国内より安くなってますし
前回の滝も興味深々で拝見しました

ネボトケ様

果てしなく続く空の青と白
それは人の心を癒してくれます
山にの登られてこと・・・
だからこそ会えた空模様
この日この時のみこの瞬間のみの出会いです
そのお気持ちが撮影されたお写真
空のお写真 それは爽やかです
最後のお写真
空の懐に包まれるがごとく語り合う二人
僅かなスペースながら印象的です
空が二人を見守るがごとく撮影者の優しい目線を感じます
撮影目的は充分果たされたと感じます
最高のシーン描写することが出来ましたね

sanbariki さん

合歡山をご存知とは、、、でも、理由を知ってなるほどと思いました。
合歡山は三千メートル級の山なのに、車で近くまで乗りつけることができるので、
登山愛好家でなくても、手軽に高山での星景写真が楽しめます。
私は年に1回この山で唯一のホテルに宿泊し、山登りや撮影を楽しんでいます。
ただ、今回のような花見シーズンは観光客が殺到し、部屋の予約が困難を極めます。
こちらでは「秒殺」と言って、予約開放後1秒で部屋は満室になる有様です。

>最後の1枚は行きたくなりますね

チャンスがありましたら、ぜひいらっしゃってください。景色がとてもいい所ですよ!

りら さん

実を言うと、今回の撮影現場へは車で乗り付けました。
もちろん車を止めた後、少し山を登らなければならないのですが、
登山家から見たら、ハイキング程度のコースで、誰でも登頂できます。
ただ、それでも三千メートル以上あるので、高山病にかかる危険性も高く、
毎回比較的高度の低い地点に一泊して、体を慣らしてから訪れています。

>この日この時のみこの瞬間のみの出会いです

そうですね。その日の天気によって、山は様々な表情を見せてくれますから、、、
ただ、それに翻弄され、涙を呑んで引き返すことも度々あるので、
出発前は予想天気図に目を通し、天気の動向を常にチェックします。
幸い今回天気に恵まれましたが、すでに梅雨入りしていたので、冷や冷やものでした。

>空の懐に包まれるがごとく語り合う二人
>僅かなスペースながら印象的です
>空が二人を見守るがごとく撮影者の優しい目線を感じます

うれしいコメントをくださり、感謝感激です!私自身常にそうありたいと願っています。

👏👏👏
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR