fc2ブログ

壁アート

山の小学校のグランドにフランス人が描いた壁アートがあると聞きつけ、GPSを頼りに早速訪れてみました。
原住民が通うその小学校は見晴らしのいい高台に位置し、絵が描かれている校庭は校舎のさらに上にありました。
これまで何度も原住民の村落を訪れ、様々な壁アートを見てきましたが、これほど立派なものは初めてです。

壁アート(1)
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F11、SS1/100、+0.7EV、32mm、ISO100

壁アート(2)
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F9、SS1/250、+0.3EV、65mm、ISO100

壁アート(3)
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F9、SS1/200、+0.3EV、48mm、ISO100

撮影場所:新竹錦屏國小
スポンサーサイト



コメント

No title

ネボトケ師匠さんこんにちは~v-283


その壁アート風流~台湾に行きたくなったものですよ~v-283

志村ゲン さん

志村ゲンさん、おはようございます。

山奥にひっそり存在する壁アートというのは、
なぜか心の琴線に触れるんですよね~ 
休みの日、訪れる人のない山奥の小学校はには、
都会では感じられない静かな時間が流れていました。

>その壁アート風流~台湾に行きたくなったものですよ~

ぜひいらっしゃってくださいな!なかなかいい所ですよ。

面白いですね

壁アートすごいですね!!
下地は何でしょうか?
笹の中に入り込んだ子供達の持っている
虹の門をくぐったら・・・・どんな世界が広がっているのでしょうか~~
不思議で楽しい絵ですね(^^)

No title

苺ばばろあ さんは芸術に興味があるようですね。
今回の撮影現場は原住民が住む辺鄙な山の小学校で、
当日は連休にもかかわらず、訪れる人は誰ひとりなく、
壁アートが描かれている学校の校庭はひっそりと静まり返っていました。

>下地は何でしょうか?

絵のことは詳しくないのですが、コンクリートに直接描いたようです。

>虹の門をくぐったら・・・・どんな世界が広がっているのでしょうか~~

彼らはタイヤル族という原住民なのですが、
伝説によると、虹の向こうには死後の世界が広がっていて、
そこでは祖先のご加護を授かることができるそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR