FC2ブログ

寺廟の朝

参拝客がまだ少ない早朝を狙い、この日、郊外の寺院を訪れました。
数羽の鷹が上空を旋回している実に自然豊かな所ですが、
旧正月のこの時期は、初詣に訪れる参拝客が多く、周辺の道路は混雑を極めます。
しかし、この日は早朝と言うこともあって、境内はひっそりと静まり返り、
聞こえてくるのは、ただ上空を飛翔する鷹のかん高い鳴き声だけでした。

廟の朝(1)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、F6.3、SS1/160、+0.3EV、110mm、ISO200

廟の朝(2)
D7100、SP AF 28-75mm F/2.8 MACRO (Model A09 II)、F8、SS1/80、+1.0EV、28mm、ISO800

廟の朝(3)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR、F5.6、SS1/125、+0.3EV、200mm、ISO100

撮影場所:忠義廟
スポンサーサイト



コメント

No title

ネボトケさんやぶ遅くにお邪魔してま~すッ!


ん~、なんとも早朝から勤勉なお写真であるものです。

朝の色は万国共通であるものですね。

一番下の龍は日本のお寺や神社のそれとも違い、なんだかそのまま怪獣映画にも出演できそうな様相であるものですねv-302

カラフルな寺院も風流、しかもそこで読書とはこれまた風流なお写真であるものです[絵文字:v-283
]

志村ゲン さん

志村ゲンさん、おはようございます。

朝は日差しが強くないので、ソフトな感じの写真が撮れます。
特に、色彩豊かな寺院は朝や夕方撮影するに限ります。

線香を手にお供え物を供えて参拝するのが古くからの習慣なのですが、
このお寺は去年から環境に配慮してそれらの習慣を撤廃しました。
以前は2枚目の写真中央、中庭のような所にテーブルを並べ、
参拝者がお供え物を置くのに供していたんですよ。
ちなみに、2枚目の写真は、お経を読んでいる人の姿です。

>一番下の龍は日本のお寺や神社のそれとも違い、なんだかそのまま怪獣映画にも出演>できそうな様相であるものですね

日本の中華街もそうですが、中国風の建築物は原色を使った派手なものが多いです。
異国情緒に溢れていて、これはこれで面白いと思うのですが、
私はやはり日本のシックで落ち着いた建築物のほうが好きです。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR