FC2ブログ

花蓮を旅する(2)

今回の撮影場所は市街地からほど近い田園地帯に位置しています。
入園料を取らない上、無料で蓮茶が飲めるので、観光客がたくさん訪れそうなものですが、
バスが入れない路地の奥にあるせいか、連休にもかかわらず、ひっそりとしていました。

池には世界一大きな葉を持つと言われているオオオニバス(大鬼蓮)が鎮座し、
また、植えられている睡蓮の色と種類も実に豊富で、いい目の保養になりました。

花蓮を旅する(1)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F9、SS1/100、±0EV、18mm、ISO100

花蓮を旅する(2)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F11、SS1/100、+0.3EV、18mm、ISO200

花蓮を旅する(3)
D7100、TAMRON SP70-300mm(A005)、F8、SS1/500、-0.3EV、300mm、ISO100

花蓮を旅する(4)
D7100、TAMRON SP70-300mm(A005)、F8、SS1/125、+0.7EV、300mm、ISO100

花蓮を旅する(5)
D7100、TAMRON SP70-300mm(A005)、F8、SS1/100、+0.3EV、250mm、ISO200

撮影場所:花蓮
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは♪
オオオニハス、凄くデッカイですね~!
小さな子なら三人でも乗れそう~。
長閑な雰囲気の楽しいご旅行で、
思い切り写真が撮れたことでしょうね。
楽しみに拝見させていただきます。

ひかる さん

おはようございます。

この大きなハスを一度は見たいと思っていたので、
今回はその機に恵まれ、うれしかったです。

当日は陽射しこそ強かったものの、吹き抜ける風は涼しく、
木陰でサンドイッチを食べたり、写真を撮ったりして、
のんびり午後のひと時を過ごしました。

やはり私は自然が好きなんですよね~
海であれ、山であれ、自然の風景を見ると、
元気を取り戻すことができます。

No title

こんばんは。
素晴らしい所ですね。
行って見たくなりました。

さゆうさん

おはようございます。

この場所は一年を通じて睡蓮が見られるそうです。
さすが南国台湾ですよね。
ただ、車がないと訪れるのは不便な所なので、
タクシーかレンタカーを利用することになります。

さゆうさんがお住まいの北国では見られない風景です。
暑い日が多いのは困ったものですが、
陽射したっぷりの南国の風景もいいものですよ。

コメント、ありがとうございます。
Secre

プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR