FC2ブログ

我が愛機

D90で一眼レフデビューをしてからというもの、後継機が発表される度に乗り換えてきましたが、
D7200を購入後、後継機が発売されても、型落ちしたD7200を愛用し続け現在に至っています。
かれこれ4年ほど使っているので、傷だらけになりましたが、これまでのところ故障知らずです。
愛機
D750、Ai AF Nikkor 35mm f/2D
スポンサーサイト



念願叶う

狙っても撮れない、また、仮に撮れたとしても、ボツにせざるを得ないケースというのがよくあります。
シャッターチャンスが少ない上、理想の場所に被写体が現れてくれないのがいちばんの原因なのですが、
今年は長年狙っていて、うまく撮れずにいた「ハスとシロガシラ」のコラボの撮影にやっと成功しました。
ハスとシロガシラ(1)

ハスとシロガシラ(2)

ハスとシロガシラ(3)

ハスとシロガシラ(4)

ハスとシロガシラ(5)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園

ハスが咲いた

暖冬だったせいか、今年は例年よりかなり早く蓮の花が咲き始めました。
紫陽花が見頃を迎えているこの時期に咲くなんて、意外ではありますが、
毎年何度も蓮池へ足を運ぶ私にとっては、サプライズと言えます。
蓮(1)

蓮(2)

蓮(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園

花鳥風月を楽しむ

昨年、山登りを始めてから、これまで以上に花鳥風月を楽しむようになりました。
また、行動範囲が以前にも増して拡大し、1日の走行距離がグンと伸びました。
しかし、それは体への負担が増すことを意味し、疲れがとれないまま帰宅することも。
寄る年には勝てないので、無理をせず楽しみたいと思っている今日この頃です。
花鳥風月(7)

花鳥風月(1)

花鳥風月(2)

花鳥風月(3)

花鳥風月(4)

花鳥風月(5)

花鳥風月(6)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:阿里山

ヒガラ

ヒガラは体が小さい上に動きが俊敏なので、普段は写真に収めるのが難しい鳥の一つですが、
繁殖期だけは例外で、この日は巣の材料となる繊維状の物体を集めるのに余念がなく、
こちらが後ずさりしなければ、ファインダーに捉えられないほどの至近距離で撮影できました。
ヒガラ(1)

ヒガラ(2)

ヒガラ(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:阿里山

ヤブドリとシマドリ

今回の旅行でもっとも頻繁に見かけた鳥は、シマドリとヤブドリです。
出没する場所がほぼ同じだったので、体力的にはとても楽でしたが、
どちらも薄暗い場所を好むため、手振れにだけは注意しました。

#ヤブドリ
ヤブとシマ(1)

ヤブとシマ(2)

ヤブとシマ(3)
#シマドリ
ヤブとシマ(4)

ヤブとシマ(5)

ヤブとシマ(6)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:阿里山

カンムリチメドリと桜

仕草といい、習性といい、カンムリチメドリはさながら山のメジロといったところですが、
メジロと違って、その小さい体からはとても考えられないほど甲高い声で鳴きます。
面白いのは、その鳴き声が「to meet you」と言っているかのように聞こえることです。
かンムリチメドリと桜(1)

カンムリチメドリと桜(2)

かンムリチメドリと桜(3)

カンムリチメドリと桜(4)

かンムリチメドリと桜(5)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:阿里山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR