FC2ブログ

感動の瞬間

ご来光を拝むべく、人々はなぜわざわざ山や海へ出かけ、その瞬間を待つのでしょうか。
その気になれば、いつでも見られるわけで、それほど有難いものではないはずなのですが。
あるいはその気になるのに覚悟が要るので、ご来光を有難いと感じるのかもしれませんね。
苦労して手に入れたものは大切にしたいと思うのが人の常。相通じるものがあるようです。
感動の瞬間
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト



朝焼け

夜明け前、女性1人を含む5人のメンバーを引き連れ、撮影ポイントを目指したのですが、
メンバーの多くは軽度の高山病にかかってしまい、ふらふらしながら、辿り着く有様でした。
しかし、夜が明けるとともに、目の前に展開する絶景を眺めているうち、すっかり元気を取り戻し、
吐きそうになりながら登っていたメンバーさえ、この時ばかりは興奮してはしゃぎ回っていました。
朝焼け

朝焼け(1)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山

心の琴線

山間部の道路沿いに張られた電線に朽ち果てた木の枝が引っ掛かっていました。
温泉宿が散在する風光明媚な観光地で見つけたこの光景は、当日なぜか心の琴線に触れ、
思わずシャッターを切ったのですが、翌日訪れたら、無残な姿を地面に晒していました。
今回は美しい風景写真もたくさん撮りましたが、この写真が一番のお気に入りです。
心の琴線
HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000

撮影場所:烏來

ピラカンサスが熟す頃

毎年秋になると、ピラカンサスの実が赤く熟し、様々な野鳥がその実を食べに飛来します。
中でも、シマドリとヤブドリはこの赤い実に目がないとみえ、度々姿を現してくれました。
藪鳥とシマドリ(1)

藪鳥とシマドリ(2)

藪鳥とシマドリ(3)

藪鳥とシマドリ(4)

藪鳥とシマドリ(5)
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:杉林溪

朝露

この日、朝露が太陽の光を浴びて気持ちよさそうにキラキラと輝いていました。
大小様々な雫が織り成す光の競演を眺めていると、時が過ぎるのも忘れてしまいます。
早朝だからこそ見られた美しい光景。早起きは三文の徳といったところでしょうか。
朝露
HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000

撮影場所:衫林溪
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR