FC2ブログ

至福のひと時

宿泊したホテルからもご来光は拝めるのですが、早起きする以上妥協はしたくないもの。
ヘッドランプの灯りを頼りに山を登り、見晴らしのいい撮影現場で待機することに。
毎回思うのですが、日の出を待っているこの時間は、私にとってまさに至福のひと時です。
至福のひと時(1)

至福のひと時(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト



満天の星々

この日の夜は冷たい強風が吹き抜ける最悪のコンデションにもかかわらず、
撮影現場は三脚が林立し、あちこちからカメラマンの話し声が聞こえてきました。
満天の星が煌めく絶好の星景写真日和ではありましたが、いかんせん寒すぎます。
設定していた星の軌跡が完成するや、早々に荷物を片付け、宿へと戻りました。

満天の星々(2)
OM-D E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

撮影場所:合歡山

日没後の裏後光

日の出や日の入りの際、太陽と反対側の地平線に光芒が放射状に収束して見える現象を裏後光と言います。
昨年、投宿していた民宿の部屋のベランダから初めて見た時は、その神々しい美しさに感動したものですが、
今回は日没後現れた光芒の写真を撮影しているちょうどその時、ふと振り返った東の空に出現しました。
日没と裏後光(1)

日没と裏後光(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山

山が呼んでいる

半日で行ける三千メートル級の山は、合歡山をおいて他にないでしょう。
しかも、車はおろか自転車でも行けるのですから(体力があればの話ですが)。
ただ、山で唯一のホテルは連日満室のため、車内で夜を明かす人も多いです。
今回はそのホテルにキャンセルが出たのを偶然発見、急遽行くことにした次第です。
一泊二日の弾丸旅行だったので、けっこうきつかったですが、楽しい旅行となりました。

山が呼んでいる(1)

山が呼んでいる(2)

山が呼んでいる(3)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山

夕暮れ時の田園地帯

夕暮れ時、田植え直後の田園地帯で雲が焼けるのを期待して待っていたのですが、
遥か彼方の空が少し焼けただけで、間もなく辺り一面暗闇に包まれてしまいました。
夕焼け空をバックに鮮やかな新緑が広がる光景をイメージしていたのですが、、、
關渡平原
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:關渡平原

絵になる鳥

メジロ同様今年何度も登場しているので、もう見飽きたという方もいるかと思います。
しかし、同じ被写体であっても、構図によっては、印象がずいぶん変わるものです。
今回は撮影段階から構図をかなり強く意識し、「絵」になる写真を目指しました。

阿里山のカンムリチメドリ(1)

阿里山のカンムリチメドリ(2)
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:阿里山

阿里山の野鳥

早朝は野鳥撮影、朝食後はハイキング、午後また野鳥撮影というスケジュールだったのですが、
滞在中は午後から天気が悪くなり、野鳥撮影にあまり時間を割くことができなかったため、
野鳥の天国であるにもかかわらず、結局、期待したほどの成果をあげられませんでした。
#キンバネホイビイ
阿里山の野鳥たち(1)
#ヤブドリ
阿里山の野鳥たち(2)
#キバラシジュウカラ
阿里山の野鳥たち(3)
#アリサンヒタキ
阿里山の野鳥たち(4)
#メジロチメドリ
阿里山の野鳥たち(5)
#カケス
阿里山の野鳥たち(7)
#カンムリチメドリ
阿里山の野鳥たち(8)
#シマドリ
阿里山の野鳥たち(6)
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:阿里山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR