秋の陽射しを感じながら

事前にテーマを決めて撮影することもありますが、散歩がてら、気ままに撮影を楽しむこともあります。
特に、秋は陽射しがそれほど強くないので、散歩がてらの撮影は実に気持ちがいいものです。
今回はそんな気ままに撮影した、秋の爽やかな陽射しを感じる写真を集めてみました。

秋の陽射し(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F6.3、SS1/2000、±0EV、300mm、ISO400

秋の陽射し(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/640、±0EV、300mm、ISO400

秋の陽射し(4)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/100、+0.7EV、300mm、ISO800

秋の陽射し(5)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F8、SS1/160、+0.7EV、300mm、ISO200

撮影場所:中正記念堂他
スポンサーサイト

松の木と五色鳥

一年中緑の葉を茂らせている松を、秋に撮影しようと思う人は少ないでしょう。
野鳥の鳴き声に誘われなかったら、この日、私も足を止めることはなかったと思います。
ありきたりの樹木ではありますが、こうして見ると、松もなかなか風情がありますね。

松の木と五色鳥(1)
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F11、SS1/160、+0.7EV、60mm、ISO200

松の木と五色鳥(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F7.1、SS1/60、+0.7EV、300mm、ISO250

松の木と五色鳥(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F7.1、SS1/800、+0.7EV、300mm、ISO250

松の木と五色鳥(4)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/250、+1.0EV、300mm、ISO640

撮影場所:中正記念堂

カバマダラ

カバマダラは警戒心が薄く、人の目と鼻の先を飛び回ることさえあります。
そこで、今回は難易度を少し上げ、蝶の翅を透過光で透かし気味に撮影してみました。

カバマダラ(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5、SS1/1000、+0.3EV、300mm、ISO320

カバマダラ(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/500、+0.3EV、300mm、ISO400

撮影場所:中正記念堂

続~メジロと遊ぶ

今回はテレコンの性能チェックを兼ね、メジロとたっぷり遊んできました。
木陰にいる場合、さすがに合焦速度が遅くなり、切れもいまいちですが、
日当たりのいい所では、予想以上にシャープな画像が得られました。
それにしても、メジロはいつ見ても、愛嬌があって可愛らしい鳥ですね。
ちなみに、1枚目と2枚目の写真以外、全てノートリミングです。

メジロと遊ぶ

メジロと遊ぶ(1)

メジロと遊ぶ(2)
="http://blognebotoke.blog90.fc2.com/img/20150922191205306.jpg/" target="_blank">メジロと遊ぶ(3)

メジロと遊ぶ(4)

メジロと遊ぶ(5)

メジロと遊ぶ(6)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:植物園

マユタテアカネ

昨年同じ場所でオニヤンマの撮影に成功したのですが、今年は一向に姿を現してくれませんでした。
そこで、撮ってくれとばかりに目の前でジッとしていたマユタテアカネに臨時モデルになってもらいました。
ちなみに、今回撮影したマユタテアカネを含め、赤とんぼの仲間は日本だけでも21種類いるそうです。

マユタテアカネ(1)
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/320、-0.3EV、60mm、ISO320

マユタテアカネ(2)
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/250、±0EV、60mm、ISO320

撮影場所:陽明山

刻々と暮れる秋空

西の空へ向かって流れる一面のまだら雲がピンクに染まり、やがて闇に包まれていきました。
広大かつ美しい風景を目の当たりにでき、この日、私は幸せな気持ちでいっぱいでした。

刻々と暮れる秋空
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F8、SS5、±0EV、18mm、ISO100ND8使用

刻々と暮れる秋空(2)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F8、SS4、±0EV、18mm、ISO100ND8使用

刻々と暮れる秋空(3)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F8、SS2.5、±0EV、18mm、ISO100

刻々と暮れる秋空(4)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F8、SS8、±0EV、18mm、ISO100

撮影場所:關渡平原

ユニークな植物たち

この木の実のような塊、チョウが蜜を吸いに来なかったら、花だとは決して思わないでしょう。
一体何と言う植物なのでしょうか。チョウ以外にメジロも時々やって来ては蜜を吸っています。
最後の2枚は食用にもなるクロバナタシロイモという植物で、別名を「ブラック・キャット」と言います。
私が住んでいる所では「トラのヒゲ」と呼ばれているのですが、それにしても、実にユニークな花です。

ユニークな植物たち(1)

ユニークな植物たち(2)

ユニークな植物たち(3)

ユニークな植物たち(4)

ユニークな植物たち(5)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園

パッション

今回の撮影現場はアクセスが非常に悪いため、訪れる人が少なく、のんびり撮影を楽しめます。
しかし、期待通りに空が焼けてくれないと、道のりが遠い分、疲れが倍増する場所でもあります。
それでも懲りずに通い続けるのは、そこでしか撮れない写真に対する熱い思いがあるから。
今回は自分自身のそんな熱い思いを1枚の写真に込めてみました。

パッション
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F8、SS13、±0EV、120mm、ISO100

撮影場所:林口

都会の秋空

ふと窓の外を見ると、綿のようなまだらな雲が爽やかな秋空一面に広がっていました。
仕事中ではありましたが、こんなに美しい空は都会ではめったに見られないので、
カメラをポケットに突っ込むや、ビルの屋上へと駆け上がり、しばし撮影を楽しみました。

都会の秋空(1)
Cyber-shot DSC-RX100、F5、SS1/800、+0.7EV、77mm、ISO100

都会の秋空(2)
Cyber-shot DSC-RX100、F6.3、SS1/320、+1.0EV、42mm、ISO100

撮影場所:中山北路

メジロと遊ぶ

「ずいぶん小さな鳥だな」
私が望遠レンズを向けている方向を眺めながら、お年寄りがひとり呟きました。
「あれは何という鳥ですか」
小さすぎてよく見えないからか、鳥の名前を聞いてくる人もいました。
残暑が厳しい日でしたが、久しぶりにメジロと遊んだひと時は、実に楽しいものでした。

メジロと遊ぶ(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F8、SS1/125、+0.3EV、300mm、ISO100

メジロと遊ぶ(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/1600、±0EV、300mm、ISO500

メジロと遊ぶ(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F5.6、SS1/1000、±0EV、300mm、ISO500

メジロと遊ぶ(4)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F4、SS1/250、+0.7EV、300mm、ISO100

撮影場所:植物園

田園地帯の夕暮れ

会社から帰宅するや、カメラをバッグに詰め込み、慌しく撮影現場へ向かいました。
最近日がだんだん短くなってきたので、帰宅後の撮影は時間との戦いになります。
週末の遊び疲れと仕事疲れが重なり、この日、肉体的にはきつい状況だったのですが、
田園地帯で風に吹かれていると、なぜか疲れも吹き飛ばすことができるから不思議です。

田園地帯の夕暮れ(1)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F11、SS1.3、-1.0EV、35mm、ISO100、ND8使用

田園地帯の夕暮れ(2)
D600、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED、F8、SS4、-1.0EV、35mm、ISO100、ND8使用

撮影場所:關渡平原

野球観戦

結成8年になるソフトボールチームのメンバーとプロ野球の試合を見に行きました。
グランドで自ら汗を流すのは好きですが、見ることにはあまり興味がないので、
これまで一度も観戦したことがなかったのですが、それなりに楽しむことができました。

野球観戦(1)
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F5.6、SS1/640、+0.7EV、38mm、ISO640

野球観戦(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F4、SS1/1000、±0EV、300mm、ISO3200

野球観戦(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F4、SS1/1250、±0EV、300mm、ISO3200

野球観戦(4)
D600、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、F4、SS1/13、+0.3EV、44mm、ISO3200

撮影場所:桃園野球場

晩夏の頃

撮りたいものはいろいろあったのに、例年以上に仕事が忙しかったため、
撮影時間の確保がままならず、今年はこれまでで最も不完全燃焼の夏でした。
カメラとレンズは使ってナンボ。秋から少しずつ巻き返しを図りたいと思います。

晩夏の頃(1)

晩夏の頃(2)

晩夏の頃(3)
D7100、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:陽明山

クロボシセセリ

セセリチョウは外見こそ地味ではありますが、よく見ると実に可愛いチョウです。
ただ、体が小さい上、人目を引くような美しい翅で優雅に飛翔するわけではないので、
今回のようにマクロレンズを装着し、くまなく探さないと見つからないかもしれません。

クロボシセセリ(1)
D600、SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II) 、F8、SS1/125、-0.3EV、90mm、ISO100

クロボシセセリ(2)
D600、SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II) 、F8、SS1/500、-0.7EV、90mm、ISO500

クロボシセセリ(3)
D600、SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II) 、F8、SS1/400、-0.7EV、90mm、ISO500

撮影場所:植物園
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR