山頂の夕焼け(前)

何も遮るものがない山頂から眺める夕焼けほど美しいものはありません。
特に太陽が沈む直前、ひときわ光り輝くその瞬間は感動すら覚えます。

山頂の夕焼け

山頂の夕焼け(2)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F16、SS1.6、±0EV、28mm、ISO100

撮影場所:大屯山
スポンサーサイト

愛嬌

「男は度胸、女は愛嬌」という言葉をその昔よく耳にしましたが、
今では「愛嬌」という言葉自体知らない若者が増えているようです。
肉食系の女性が増えるとともに、死語になりつつなるのかもしれません。
かく言う私も「あの鳥は愛嬌がある」とは言っても、
「あの女性は愛嬌がある」とはほとんど言わなくなりました。

愛嬌
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/400、+0.3、300mm、ISO500

愛嬌
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F6.3、SS1/500、+1.0EV、300mm、ISO800

愛嬌
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F7.1、SS1/160、+1.0EV、300mm、ISO500

撮影場所:植物園

黄昏と月夜

日が暮れるにしたがって、空と川の色が徐々に変化していくのを
一人静かに眺めるのは、私にとって至福の時間です。
ところが、この日はそれだけで終わりになりませんでした。
何と太陽と入れ替わるように月が地平線の彼方から昇ってきたのです。
この機を逃したら、今度いつ撮れるかわからない。
夕食を取るのも忘れ、夢中で撮影したのは言うまでもありません。

黄昏と月夜(1)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F16、SS1.3、±0EV、28mm、ISO100

黄昏と月夜(2)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F8、SS20、±0EV、28mm、ISO100

黄昏と月夜(3)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F11、SS30、±0EV、28mm、ISO100

撮影場所:基隆河&劍潭

妖麗

妖麗
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/100、±0EV、60mm、ISO400

妖麗
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/200、±0EV、60mm、ISO400

撮影場所:自由広場

トンボに大接近

雨上がりの朝、羽がまだ乾ききっていないトンボは動きが鈍いです。
ショウジョウトンボに似ている赤いトンボなど、手で羽に触れて初めて飛び立つ有様。
3枚目と4枚目はベニトンボのメスですが、こちらも全く動く気配なし。
それならばと、マクロレンズで寄れるところまで寄ってみました。
結果はご覧の通り。トンボの複眼さえ認識できるほど接近できました。

トンボに大接近
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F56、SS1/500、+0.7EV、300mm、ISO800

トンボに大接近(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F56、SS1/200、±0EV、300mm、ISO800

トンボに大接近
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F8、SS1/100、+0.3EV、300mm、ISO200

トンボに大接近(1)
D600、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/100、+0.3EV、60mm、ISO400

撮影場所:植物園

蓮池のシロガシラ

一年を通じて、蓮池を飛び交うシロガシラの姿が見られます。
しかし、何と言っても花が咲くこの時期が一番絵になります。

今回は蕾とのツーショットしか撮れませんでしたが、
次回はぜひ花の蜜を吸っているシーンを写真に収めたいと思います。

蓮池のシロガシラ(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/640、+0.7EV、300mm、ISO800

蓮池のシロガシラ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/640、+0.7EV、300mm、ISO800

蓮池のシロガシラ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/500、+0.7EV、300mm、ISO800

蓮池のシロガシラ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/500、+0.3EV、300mm、ISO800

撮影場所:植物園

大輪の花

泥水が濃ければ濃いほど、蓮は大輪の花を咲かせます。
蓮の花を眺めていると、なぜか勇気がわいてくるのは、
お釈迦様の教えがわかる年になったからかもしれません。
私も頑張ってもう一花咲かせよう。

大輪の花(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+0.7EV、300mm、ISO100

大輪の花(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+0.3EV、300mm、ISO100

撮影場所:植物園

初夏の夕景

冬から春にかけて、この海岸は緑の海草が岩礁一面にはりつき
他では見られない独特の美しい光景が出現します。
しかし、夏の到来とともに、その海草も次第に減少。岩肌が露出して殺風景になります。
その前に何とかこの場所で夕日の写真を撮ろうと、機会を伺っていたのですが、
どうやら最も美しい時期は過ぎてしまったようです。

夕景(1)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F8、SS4、±0EV、28mm、ISO100

初夏の夕景
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F8、SS4、±0EV、28mm、ISO100

夕景(2)
D600、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 、F8、SS6、±0EV、28mm、ISO100

撮影場所:淡水老梅石槽

バナナの花とメジロ

「バナナの花とメジロ」
ネットで検索しましたが、ほとんどありませんでした。

今年は季節の花と野鳥をひとつのテーマに掲げているのですが、
バナナの花とのツーショットが撮れるとは、夢にも思わなかったので、
撮影しながら、久しぶりに興奮しました。

バナナの花とメジロ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/160、+0.7EV、300mm、ISO100
バナナの花とメジロ(2)

バナナの花とメジロ(3)

バナナの花とメジロ(4)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/320、+0.3EV、300mm、ISO800

撮影場所:植物園

トンボウォッチング

いよいよアカスジベッコウトンボとシオカラトンボが飛び交う季節に突入しました。
シオカラトンボはどこにでもいるトンボなので、普通に撮っても面白くないと思い、
今回は飛翔シーンと交尾のシーンに狙いを定めました。
写真の出来はともかく、狙い通りに撮れて満足しています。

アカスジベッコウトンボ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/400、+0.3EV、300mm、ISO400

アカスジベッコウトンボ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/320、+0.7EV、300mm、ISO400

シオカラトンボ(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/400、±0EV、300mm、ISO1600

シオカラトンボ
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/500、+0.3EV、300mm、ISO1600

撮影場所:植物園&大屯瀑布

ノウゼンカズラが咲く頃に

今年最初のノウゼンカズラが開花しました。
いつ咲くか首を長くして待っていただけに、とてもうれしかったです。

今後気温の上昇とともに、茎がどんどん伸び、花の数も増えてきます。
その頃には、メジロやシロガシラといった野鳥が花の蜜を吸いに飛来するので、
楽しみも倍増ということになります。

ところで、ノウゼンカズラの開花を確認した同じ日、きゅうりも花を咲かせていました。
これまであまり注意していなかったのですが、こうして改めて見ると、可愛いものですね。

ノウゼンカズラが咲く頃に
D90、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F4、SS1/500、±0EV、60mm、ISO200

ノウゼンカズラが咲く頃に
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F7.1、SS1/1000、+0.3EV、300mm、ISO640

ノウゼンカズラが咲く頃に(1)
D90、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/40、+1.7EV、60mm、ISO400

撮影場所:植物園

蓮便り

蓮(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F4、SS1/125、+0.7EV、300mm、ISO100
蓮(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/60、+0.7EV、300mm、ISO100

撮影場所:植物園

円満な人生

ボールには命があります。短命のボールもあれば、長寿のボールもあります。

購入したばかりなのに、川に飛び込み紛失するもの。
品質に問題があり、間もなく変形して使用に耐えなくなるもの。
これらは短命のボールと言ってもいいでしょう。

しかし、多くのボールは長い時間我々を楽しませてくれます。
そして、その間楽しい思い出作りにひと役もふた役も買ってくれます。

ただ、どんなに大切に使っていても、少しずつ変形し、弾力性が失われていきます。
それは試合用のボールから練習用のボールへ、格下げの時期が来たことを意味します。
それでも、現役を続けることができるボールは、幸せだと言ってもいいでしょう。

ちなみに、私は新しいボールより古いボールのほうが好きです。
外見こそ美しくはないですが、年季が入っていて手触りもいいし、
何より数々の思い出が詰まっているようで、愛着がわきます。

昨日、義父が亡くなりました。
愛する家族に囲まれ、あまり苦しむことなく八十余年の人生を全うしました。
誰よりも円満な人生を送った義父のことですから、
きっと思い残すことなくあの世へ旅立たれたことでしょう。
義父の新たな旅立ちを、心より祝福したいと思います。

円満な人生

野鳥写真一挙大公開

今回過去半年間に撮影した鳥の未公開写真を一気にご紹介します。
このように言うと、何だか聞こえはいいですが、
実は、最近ほとんど撮影に行けていないので、在庫が底をついてしまい、
古い写真をかき集めざるを得なかったというのが実状です。
ちなみに、写真は撮影順に並べてあります。

#キジバト
キジバト
#シラサギ
シラサギ
#カササギ
カササギ
#アオサギ
アオサギ
#セキレイ
セキレイ
#マミハウチワドリ
マミハウチワドリ
#メジロ
メジロ
#テッケイ
テッケイ
#モズ
モズ
#コキジバト
コキジバト
#アカハラ
アカハラ
#カワセミ
カワセミ
#クロヒヨドリ
クロヒヨドリ
#シロガシラ
シロガシラ
#ヤマムスメ
ヤマムスメ
#タイワンオナガドリ
タイワンオナガドリ
#ズグロミゾゴイ
ズグロミゾゴイ

★最後まで見てくださり、ありがとうございました。

鶴望蘭とメジロ

鶴望蘭は南アフリカが原産で、幸福や自由を象徴する縁起がいい植物です。
また、開花した様子が鳥に似ていることから、天堂鳥(天国の鳥)とも呼ばれています。
日本では馴染みのない花ですが、こちらではなかなかの人気です。

しかし、私にはどうしても美しい花には見えず、撮ろうという気にならないのですが、
メジロが花の蜜を吸いに来ることを知り、そのシーンを写真に収めることに。
シャッターチャンスは限られていましたが、今回何とか撮影することに成功しました。

鶴望蘭(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F8、SS1/125、±0EV、300mm、ISO400

鶴望蘭(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F6.3、SS1/320、+0.7EV、300mm、ISO800

鶴望蘭
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F6.3、SS1/160、+0.7EV、300mm、ISO800

鶴望蘭(4)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/400、+0.7EV、300mm、ISO800

撮影場所:植物園

季節の花

鳥の撮影をしていて、ついでに花の写真を撮ることがあります。
例えば、頭上高く咲く花(1枚目)、昆虫と花(2枚目)、池の花(3枚目)など
マクロレンズで撮るより望遠レンズのほうが撮りやすいケースがほとんどなのですが、
テレマクロ的に使える70-200F4あたりがあったら、もっと便利なのになぁと思い始めました。
私のようにたいした腕のない人間ほどレンズ沼にはまりやすいようですね~

季節の花(1)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F63、SS1/640、+0.3EV、300mm、ISO800

季節の花(2)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、5.6、SS1/640、±0EV、300mm、ISO800

季節の花(3)
D7000、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED、F5.6、SS1/160、±0EV、300mm、ISO200

撮影場所:植物園
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR