初夏の色彩

今年は前線が停滞せず、梅雨を通り越していきなり夏に突入したかのようです。
そのため、ダムの水がグングン減り続け、水不足になる恐れがあります。
しかし、日差しを感じる写真が好きな私にとっては、むしろ大歓迎です。
初夏の色彩(1)

初夏の色彩(2)

初夏の色彩(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園
スポンサーサイト

木綿の木

桜が散って新緑が眩しい季節になると、木綿の木が相次いで花を咲かせます。
しかし、肉厚で巨大な花を丸ごと落とすため、この季節は頭上に注意が必要です。
花だけ撮っても、写真映えしないので、今年は少し遊び心を発揮してみました。

木綿の木(1)

木綿の木(2)

木綿の木(3)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:新生公園

藤の花

藤の花の上品で優美は姿は気高ささえ感じさせ、見る人の心を魅了します。
しかし、いざ撮影するとなると、これがなかなか難しく、毎回手こずらされます。
特に、あまり整理されず、自由奔放に枝を伸ばしている藤ともなると尚更のこと。
今回は試行錯誤しながら、いろいろ撮ってみましたが、やはりまだまだですね。
藤の花(1)

藤の花(2)

藤の花(3)
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

撮影場所:陽明山

天元宮

天元宮の桜が咲くと、終日交通規制が敷かれるほど道路が渋滞します。
それを避けるため、この日は早起きして目的地へと向かったのですが、
早朝にもかかわらず、寺院内はすでに花見客であふれ返っていました。
毎年訪れているので、今年は趣向を変え、逆光で撮影してみたのですが、
順光で撮影するより、桜がいっそう輝きを増し、生き生きして見えます。
天元宮(1)

天元宮(2)

天元宮(3)

天元宮(4)

天元宮(5)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:天元宮

雨に濡れるチューリップ

この日、山へ撮影に行ったのですが、到着後間もなく雨が降ってきて、早々に下山を余儀なくされました。
せっかく早起きして出かけたというのに、そのまま帰宅するのは悔しいので、麓の公園へ立ち寄ることに。
ちょうどチューリップが咲いていたため、雨にもかかわらず、園内は花見客であふれかえっていました。
チューリップ(1)

チューリップ(2)

チューリップ(3)

チューリップ(4)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:士林官邸
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR