海岸の新緑

今回の撮影現場は満潮の時海面下に水没し、干潮の時忽然とその姿を現します。
この時期は露出した岩にはびっしり緑の藻が付着し、独特な光景を呈するため、
干潮の時間ともなると、各地から訪れた観光客やカメラマンでごった返します。

グリーンビーチ(1)

グリーンビーチ(2)

グリーンボーチ(3)

グリーンビーチ(4)
D750、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:北海岸石門
スポンサーサイト

夕暮れ飛行機雲

青空のキャンバスに描きなぐられていく飛行機雲を照らしながら、
太陽が川向こうに立ち並ぶビルの彼方へと静かに沈んでいきました。
澄み切った空が広がる夕暮れ時ならではの光景を久しぶりに満喫でき、
満足しきった表情のカメラマンが一人また一人三脚をたたむのに促され、
私も帰途についたのですが、その足取りはいつも以上に軽いものでした。

飛行機雲(1)

飛行機雲(2)

飛行機雲(8)

飛行機雲(4)

飛行機雲(6)

飛行機雲(7)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:大稻埕

夕暮れ時

夕暮れ時、汽水域からほど近い川の合流地点に何とも不思議な光景が出現しました。
しかも、そこへまるで撮ってくれとばかりにシラサギが舞い降りたではありませんか。
自然の織り成す造形美に酔いしれながら、この日、私はシャッターを切ったのでした。

夕暮れ時
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:基隆河

ラストを飾る

西日を浴びて光り輝く紅葉を撮り終えるや、次の撮影現場へと急行しました。
今回は夕日とススキのコラボを撮影するべく、場所を厳選したのですが、
あいにく日没地点には雲が張り出し、理想的とは言えない状況でした。
従って、太陽が雲の切れ目から顔を出す僅かな瞬間を狙って撮影せざるを得ず、
難易度は非常に高かったですが、持てる力は全て出し切ることができました。

ラストを飾る①

ラストを飾る②

ラストを飾る⑥

ラストを飾る④
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:陽明山

龍雲現る

太陽が水平線に沈む頃、雲が眼下の山裾に出現し、這うように流れ始めました。
それはまるで龍が山を取り囲んでいるかのようでもあり、迫力満点の光景でした。
しかし、日没とほぼ時を同じくして、忽然とその姿を消してしまいました。

雲龍(3)

雲龍(7)

雲龍(6)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:陽明山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR