FC2ブログ

風車のある風景

この日、撮影現場を探しながら、西に傾く太陽に向かって、海岸線の道路をひた走っていました。
しかし、単調な砂浜が延々と続いているだけで、足を止めたくなるような風景には出会えず、
結局、県境を越えた所に林立する風力発電用の風車群まで足を運ぶ羽目になってしまいました。
案の定、そんな辺鄙な所を訪れる人はほとんどなく、撮影現場はひっそり静まり返っていました。
風車のある風景(1)

風車のある風景(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)風車のある風景(3)

風車のある風景(4)

風車のある風景(5)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:桃園蘆竹風力發電站
スポンサーサイト



夕暮れブリッジ

三度目の正直ではありませんが、三回この場所へ通って、ようやく美しい夕暮れに出会えました。
もちろんイメージしている光景が別にあり、これがベストショットというわけではありませんが、
欲を言えばきりがないので、今回の写真をもって今年この場所での夕景写真は打ち止めにします。
夕暮れブリッジ(1)

夕暮れブリッジ(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所: 重陽橋

滝雲襲来

今回の撮影現場は地形的に雲や霧が発生しやすく、毎回そのリスクを覚悟で出かけています。
案の定、この日も雲の軍団が襲来、稜線を越えて瞬く間に山全体を覆い尽くしていきました。
滝雲①

滝雲②

滝雲③
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:陽明山

納得の写真

今回の撮影場所はススキの季節ともなると、カメラマンが殺到し三脚が所狭しと立ち並びます。
もしススキの見頃に訪れていたら、今回の何倍も美しい写真が撮れたと思うのですが、
そのためには、頃合いを見計らって、当日は何時間も前から場所取りをしなければなりません。
つまり、定年退職したカメラマンでもなければ、この時期理想の写真は撮れないわけです。
しかし、技術と感性を総動員すれば、理想の写真は撮れなくても、納得の写真は撮れます。
夕日の名所(1)

夕日の名所(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:大屯山

夕暮れハーバーライト

台風が接近中のこの日、終日好天に恵まれ、青空が広がる絶好の写真日和となりました。
幸い仕事が早く終わったので、夕日の撮影に行くべきか、自問自答していたちょうどその時、
LINEの写真同好会のメンバーから「今日は絶景が出現するはずだ」というメッセージが。
新聞社でカメラマンをしている彼の言葉を信じ、嬉々として撮影現場へ向かったのですが、
日没後、光芒こそ出現したものの、それは絶景には程遠く、期待はずれの結果となりました。
ハーバーライト

ハーバーライト②
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:大稻埕
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR