FC2ブログ

お気に入りの一枚

写真を撮るために出かける、というのが以前の私の生活スタイルだったのですが、
登山や旅行の記録にカメラを使うことが多くなり、最近はあまり作品を撮っていません。
ちなみに、今回の写真はクラに眠っていたものですが、けっこうお気に入りの一枚です。
クロヒヨドリ(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園
スポンサーサイト



ピラカンサスが熟す頃

毎年秋になると、ピラカンサスの実が赤く熟し、様々な野鳥がその実を食べに飛来します。
中でも、シマドリとヤブドリはこの赤い実に目がないとみえ、度々姿を現してくれました。
藪鳥とシマドリ(1)

藪鳥とシマドリ(2)

藪鳥とシマドリ(3)

藪鳥とシマドリ(4)

藪鳥とシマドリ(5)
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:杉林溪

瑠璃色に輝く

ルリチョウは光の当たる角度によっては、かなり美しい鳥です。
ただ、木陰にいることが多く、その魅力を引き出すのが難しい鳥でもあります。
今回は川辺に出てきたところを激写、瑠璃色に輝く瞬間を捉えることに成功しました。

ルリチョウ1
D600、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
リリチョウ2
ルリチョウ3
ルリチョウ4
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:陽明山

美しい外来種

アカハラシキチョウは鳴き声が美しいので、東南アジアではペットとして飼われているとか。
また、警戒心がない上、サービス精神旺盛なため、カメラマンに人気の野鳥でもあります。
この日は機嫌が良かったのか、私の目と鼻の先でいつまでも愛嬌をふりまいてくれました。
美しい外来種(1)

美しい外来種(5)

美しい外来種

美しい外来種(4)

美しい外来種(3)
D7200、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

撮影場所:植物園

アカハラシキチョウ

アカハラシキチョウはあまり人を怖がらない鳥なので、それなりに接近して撮影することが可能です。
ただ、陽射しが差し込まない薄暗い所で活動していることが多く、手振れに注意しなければなりません。
決して珍しい鳥ではありませんが、アングルによっては「絵」になるので、カメラマンに人気があります。
アカハラシキチョウ(1)

アカハラシキチョウ(2)

アカハラシキチョウ(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+TELECONVERTER TC-14E III

撮影場所:植物園
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR