雷雲

私はこの夜ベランダから夜空に瞬く星、雷鳴轟く雲を眺められる幸運をかみしめていました。
お世辞にも美しいと言える風景ではありませんでしたが、私にとってはそれで十分満足でした。
なぜなら、都会の喧騒を離れ、自然の懐に包まれているだけで、幸せな気持ちになれるからです。
雷雲
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山
スポンサーサイト

旅立ち

旅館の前は深い谷間になっていて、そこは周辺で発生し流れてきた雲の合流地点でもあります。
延々と続いていた雲が一つ、また一つ独立し旅立っていく様は、いつまで見ていても飽きません。
旅立ち(1)

旅立ち(2)

旅立ち(3)

旅立ち(4)

旅立ち(5)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山

夜明け前、夜明け後

この日、登山客が主に投宿している山荘を見下ろす高台に立ち、ご来光を待っていたのですが、
太陽が顔を出す辺りに雲が張り出し視界を遮っていたため、期待外れの結果となってしまいました。
しかし、この雄大な風景を独り占めにすることができたからか、下山する足取りは軽やかでした。
山荘の日の出(1)

山荘の日の出(2)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:合歡山

寂静なる闇夜

夜が更けるにつれ、終日降り続いていた雨もようやく止み、星々が煌めく夜空が一瞬広がりました。
しかし、無情にもどこからともなく雲が流れてきて、そんな希望の星々をかき消してしまいました。
静寂なる闇夜(1)

静寂なる闇夜(2)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:合歡山

雨に祟られる

今回訪れた山域で唯一の旅館である松雪樓に、1週間にも渡って滞在したのですが、
その滞在中4日間は終日雨、3日間は午後から雨という最悪の天気となりました。
従って、天の川の写真はおろか、日の出の写真さえまともに撮れませんでした。
せめて3日間終日晴れてくれたら、当初の目標はほぼ達成できたのですが、、、
今回の写真は終日雨にたたられ、やむなく旅館及びその周辺で撮影したものです。
少しでも写真の見栄えを良くするため、あえてHDRモードを選択しました。
松雪樓1

松雪樓(2)

松雪樓(3)

松雪樓(4)

松雪樓(5)

松雪樓(6)

松雪樓(7)

松雪樓(8)
HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000

撮影場所:合歡山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR