ベニモンアゲハ

ベニモンアゲハの体はなぜこんなに赤いのかずっと疑問に思っていたのですが、
幼虫時代に有毒植物を食べ、体に毒素を溜め込んでいるからだと知り、納得しました。
赤い体は外敵である鳥に毒を持っていることを知らせる警戒色だったんですね。

ベニモンアゲハ(1)

ベニモンアゲハ(2)

ベニモンアゲハ(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園
スポンサーサイト

蝶の季節

千メートルほどの山頂へと続く道路沿いは、この時期様々な蝶が飛び交い、訪れる人の目を楽しませています。
中でも、イシガキチョウ(3枚目)は個体数が多い上、近づいても逃げないため、格好の被写体になっていました。
ちなみに、1枚目はツマムラサキマダラ、2枚目はリュウキュウアサギマダラというタテハチョウ科の蝶です。

蝶の季節(1)

蝶の季節(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

蝶の季節(3)
D750、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

撮影場所:大屯山

憩いのひと時

人であれ、昆虫であれ、安らぎの空間、憩いのひと時は必要だと思います。
彼らのそんなひと時を邪魔しないよう、私は静かにシャッターを切りました。

憩いのひと時(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F7.1、SS1/250、+0.7EV、300mm、ISO100

憩いのひと時(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F7.1、SS1/80、+0.7EV、300mm、ISO100

撮影場所:陽明山

珍客

ロッククライミングでもするかのようにアジサイの花を登っている虫がいました。
ハナカミキリの一種でしょうか。体ばかりでなく、触手と脚さえ真っ赤です。
望遠レンズでは大きく写せないので、途中からマクロレンズに切り替えたのですが、
頂上に辿り着くや、ひと息つく間もなくどこかへ飛んで行ってしまいました。

珍客(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

珍客(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F7.1、SS1/400、+0.3EV、300mm、ISO200

珍客(3)
D750、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、F8、SS1/800、±0EV、60mm、ISO250

撮影場所:陽明山

初夏の到来

紫陽花が咲き始めるこの時期、ハイキングがてら山の撮影現場へ下見に行ってきました。
時期尚早だったため、当日は訪れる人も少なく、おかげで、ゆっくり撮影を楽しめました。
2週間後には見頃を迎えるはずなので、その頃、もう一度撮影に行きたいと思います。

初夏の到来(1)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F9、SS1/250、-0.7EV、300mm、ISO160

初夏の到来(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR、F9、SS1/320、+0.3EV、300mm、ISO200

撮影場所:陽明山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR