真夏のひとコマ

2ヶ月ほど野鳥の写真を撮っていません。夕方から撮影に出かけることが多いからなのですが、
真夏の炎天下、野鳥を求めてあちこち歩き回るほどの情熱も気力もないというのが本音です。
そのため、最近望遠レンズの出番がめっきり減り、持ち出しても花やトンボばかり撮っています。
真夏のひとコマ(1)

真夏のひとコマ(2)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園
スポンサーサイト

黄金色の夕暮れ

二毛作が盛んな当地では、色づいた稲穂が頭を垂れ、そろそろ収穫の時期を迎えます。
単調な田園風景なので、せめてもう少し派手に焼けてくれたらよかったのですが、
そんな私の期待とは裏腹に、空は稲穂に歩調を合わせ黄金色に染まっただけでした。
黄金色の夕暮れ
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:關渡平原

哀愁

時間と条件さえ許せば、山か海へ写真を撮りに行くのですが、そうでなければ、近くの川岸で済ませます。
しかし、護岸がすべてコンクリートで固められた都会の川は温もりを感じさせず、哀愁さえ漂っています。
写真を撮ること自体に癒しを求めているせいか、都会の風景はあまり私にニッコリとは微笑んでくれません。

哀愁(1)

哀愁(2)
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED
哀愁(3)
OM-D E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

撮影場所:大稻埕

雨後の黄昏

梅雨が明けてからというもの、毎日のように雷を伴った夕立が降っています。
この日も雨模様だったのですが、夕方その雨が一時的に止んでくれました。
夏場は毎年仕事が忙しく、まともに撮影できるのは夕景か夜景くらいなので、
この機を逃すまいと、早速いつもの撮影現場へ向かったのですが、、、
雨後の黄昏(1)

雨後の黄昏(2)

雨後の黄昏(3)

雨後の黄昏(4)
D750 、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:重陽橋

週末は海へ行こう!

夕日が海岸線に沈むのを見届けた後、海鮮料理を食べに行くのが、最近の週末の恒例行事です。
カメラを取り出すほどの見せ場がなく、そのままぼんやり海を眺めていることもありますが、
大海原と表情豊かな雲を眺めているだけでも、わざわざ足を運んだ甲斐があったと感じます。

週末
D750、AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

撮影場所:林口
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR