常連客

珍しい野鳥を撮ろうと思ったら、やはりどこかへ遠征するに限ります。
しかし、身近な野鳥であっても、それなりに写欲を満足させられるので、
散歩がてら、撮影に出かけるのですが、案の定感動の出会いはありません。
最近風景写真に軸足を移しているので、野鳥に感動は求めていませんが、
あの頃の純粋な気持ちを忘れつつあるのが気がかりな今日この頃です。
常連客(1)

常連客(2)

常連客(3)
D7200、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

撮影場所:植物園
スポンサーサイト

夏の風物詩ー花火

今年も花火を撮影するべく、数時間前には場所取りを済ませ、その時を待ちました。
しかし、昨年同様打ち上げ場所は一箇所に固定され、非常に物足りないものでした。
当日は三脚が所狭しと立ち並ぶ盛況ぶりだっただけに、肩透かしを食った感じです。
予算の関係もあるのでしょうが、どうせならもう少し盛大にやってほしいものです。

花火(1)

花火(2)

花火(3)

花火(4)

花火(5)

花火(6)
D750 、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:台北大橋

夕暮れ色

辺りがすっかり暗闇に包まれる頃、残り火のように燃えるオレンジ色の空もいいですが、
その上空に広がるブルーモーメントは、いつ見ても清々しく爽やかで、心に染みます。
夕暮れ色(1)

夕暮れ色(2)
D750 、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:重陽橋

星天日和

旅行初日はガスや雲が多く、楽しみにしていた天の川を観察することはできませんでしたが、
この日の夜は満天の星が夜空に煌めく絶好の星天日和。念願の天の川がはっきり見えました。
終わりよければ全てよし。出発前高熱に苦しんだり、初日高山病になったりして大変でしたが、
最後にこんな素敵な光景を目の当たりにでき、今回の旅は充実感に満ちたものとなりました。
星天日和(1)

星天日和(2)
OM-D E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

撮影場所:合歡山

夕暮れ峠

勾配が急な道路を登り切ると、そこには眺めのいい駐車場があり、夏場はキャンプのメッカになります。
その一角に峠を見渡せる高台があるのですが、夕暮れ時ともなると、大勢のカメラマンが押し寄せます。
ただ、足場が悪い上、尾根状になっているので、強風が吹こうものなら、かなり危ない所でもあります。
幸い、当日は気温こそ低いものの、風は穏やかで、日没後もカメラマンや観光客で賑わっていました。
夕暮れ峠(1)

夕暮れ峠(2)
D750 、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

撮影場所:合歡山
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR