FC2ブログ

火炎山

火炎山は都心から離れた辺鄙な所にあるにもかかわらず、他では見られない風景が見られるとあって、
休日ともなると、老若男女を問わず、多くの登山客が殺到し、登山口の駐車場はたちまち満車となります。
ネット上の人気投票で1位を獲得しただけのことはありますが、果たしてこの人気はいつまで続くことやら。
火炎山(1)

火炎山(2)

火炎山(3)

火炎山(4)
OM-D E-M5 Mark II、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所:火炎山
スポンサーサイト



季節の移ろい

この時期、散らずに残っている紅葉が日差しを浴びて輝いているのを見ると、物悲しい気持ちになります。
その一方で、寒さが厳しくなるこの時期は寒緋桜がちらほら咲き始め、ウキウキした気持ちにもなります。
四季の移ろい(1)

四季の移ろい(2)

四季の移ろい(3)

四季の移ろい(4)

四季の移ろい(5)

四季の移ろい(6)
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:陽明山

2019年最後の山行

鳶嘴山は断崖絶壁が続くスリル満点の山なので、休日ともなると、多くの登山客が殺到します。
実は、今回の山は1年ほど前に登っているのですが、その時はハラハラドキドキの連続でした。
あれから1年。この間3千メートル級の山をいくつか制覇し、体力がついたからでしょうか。
最初の急登をあっという間に突破。危険地帯も楽々と通過し、余裕綽々の山行となりました。
その気にさえなれば、人間は何歳になっても、それまで以上に成長できるものなのですね。
2019年最後の山行(1)

2019年最後の山行(2)

2019年最後の山行(3)

2019年最後の山行(4)

2019年最後の山行(5)

2019年最後の山行(6)

2019年最後の山行(7)

2019年最後の山行(8)
OM-D E-M5 Mark II、LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH

撮影場所:大雪山

満天の星々

午後出発したため、標高2275メートルに位置する国立公園には日没後ようやく到着しました。
翌日は早起きして登山をすることになっていたので、早めに床についたほうがいいと思いつつも、
夜空に星が煌めいているのを見ると、部屋の中でジッとしていられず、つい出かけてしまいます。
満天の星(1)

満天の星(2)

満天の星(3)
PowerShot G9 X Mark II

撮影場所:大雪山

リフレクション

夕日を撮影するため、撮影現場入りしていたのですが、当日、肝心の夕日は期待はずれでした。
失望しつつ、ふと対岸を眺めると、そこはまるで湖のように川面が穏やかではありませんか。
しかし、穏やかとはいえ、川は常に流れているので、その光景は刻一刻と変わっていきます。
写真の醍醐味は「一瞬の美」を切り取ること。それを肝に銘じ、ひたすらシャッターを切りました。
リフレクション
D750、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

撮影場所:大稻埕
プロフィール

ネボトケ

Author:ネボトケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR